志望動機書き方のポイント|とてもハードな戦いとなる中学受験における心構えを知ろう

親子共に悩んでしまう、志望動機の書き方の疑問を払拭しよう!

志望動機書き方のポイント

勉学

中学受験に向けて悩み疑問を解決

中学受験とは、受験する本人も保護者の方もとても緊張することです。受験に備えるにあたり、さまざまな悩みや疑問も出てくるかと思います。その悩みや疑問はできるだけ早めに払拭しておくことで、安心して受験勉強に励めますので、どんどん解決していきましょう。

志望動機の内容はとても重要

願書には、必ずと言っていいほど志望動機の記入欄が設けられており、願書を記入していく中で、大半の方が一番悩む部分だと思います。志望動機は「親目線」で記入するものと「受験生本人の目線」で記入するパターンがあります。書き方が異なってくるため、複数受験を考えている方にとっては少々悩ましい部分でもありますよね。

記入内容で気をつけること

親御さん目線で記入する場合、ついつい親の熱意を語ってしまいがちです。親御さんの熱意だけではなく、本人は何故入学をしたいのか、受験生本人の意思も具体的に表現しましょう。そして、親御さんと受験生本人が同じ意思を持っていることをアピールすることも大事なのです。

願書作成は早めに取り掛かりましょう

願書の受付は学校や地域によって異なりますが、志望動機内容は事前に用意しておくことも可能です。いつから願書受付を開始するのか、締め切りはいつなのか等、しっかりと確認して前もって準備しておくことで余裕を持って入試を迎えることができます。

広告募集中